産業カウンセラーの仕事

産業カウンセラーの仕事

保健師の方が働く方法として、さらに勉強をして産業カウンセラーになるという方法があります。

 

産業カウンセラーは、日本産業カウンセラー協会という社団法人が認定する資格です。平成12年までは厚生労働省の認定する公的資格でした。

 

現在の不景気の状態では、ニーズがあっても企業側に余裕がない状況は考えられますが、産業カウンセラーのニーズは年々高まっています。しかし、看護師や保健師として臨床経験がある人なら、少ない採用枠でも採用につながる可能性は十分にあります。

 

産業カウンセラーは年間5000人の人たちが資格を取得しており、ニーズの高さを表しています。養成講座は実技指導に定評があり、実力のある先生が集められていますので、大変価値のあるカリキュラムになっています。

 

ただし、養成講座を受けたらそれで万全ということではなく、実践の場で使いこなせるかは別の問題です。実践は個人の努力によって、かなり違ってくることですので、その点は考えておく必要があります。

 

しかし、看護師としての臨床経験がある人や、保健師として保健指導などの経験がある人なら、精神疾患の知識や心理療法などに対しても、患者さまとのコミュニケーションの取り方などがわかっていると、実践の場での使いこなしも違うでしょう。

 

就職する際にも、看護師や保健師の資格があることや臨床経験があることは有利になります。目指す資格として十分に検討できるものでしょう。

 

ゼクノリン
ゼクノリン