20代の保健師の転職

20代の保健師の転職

保健師は看護師と比べると、比較的安定した環境で働くことができる仕事です。看護師のように大変なシフト勤務や人間関係の問題といったことも少なく、保健所や保健センターなどの公務員として働ける人も多いためです。

 

それでは、20代という若い保健師が就職、転職する場合には、デメリットはないのでしょうか?

 

20代の保健師が転職をする場合は、メリットとデメリットが極端に分かれます。

 

メリットはやはり若いため、雇う側としても必要とされるスキルを時間をかけて身に付けさせられるということがあります。給料などもそれほど高いものを用意する必要もありません。

 

しかし、デメリットとして職歴のなさがあげられます。即戦力としては役に立たないことがほとんどです。それは、これからじっくりスキルを身に付けさせられることの反面でもあります。

 

このようなことから、企業などの即戦力が求められやすい仕事はあまり向いていないかもしれません。保健所や保健センターなどの各自治体の施設であれば、じっくりと仕事を覚えることができ、公務員としてなら長く働き続けるという面でも良い職場です。

 

若い保健師なら、中途採用でも公務員としての採用のチャンスはあるかもしれません。通勤が可能な範囲の自治体の募集をチェックしておくといいでしょう。