行政保健師の募集について

行政保健師の募集について

保健師を目指すときは、行政保健師または産業保健師、学校保健師の仕事内容を十分に検討し、自分がどんな仕事にやりがいを感じるのか、どのタイプに合っているのかを検討して考えることが必要です。

 

保健師が働く割合が一番多いのは、行政保健師です。行政保健師は公務員ですから、行政保健師を目指す場合は公務員採用試験を受けることになります。

 

そのため、都道府県や自治体によって、日程や問題の傾向などが違っています。希望する勤務地の動向を掴んでおくことが必要となります。

 

大学などでは募集要領が出たり、医療系の雑誌などにも関連する情報が出ていることがありますので、目指す人はチェックしておくとよいでしょう。

 

行政保健師として働く保健師は多いのですが、自治体で募集する人数は若干名です。厳しい競争であることは間違いありません。勤務が可能であれば、複数の自治体の募集に応募することも考えておくとよいでしょう。

 

ただし、正職員にこだわらないのであれば、非常勤や産休の人の代わりとして募集が出ることがあります。このような募集は、実際はいつ、どの地域で出るかまったく分かりません。

 

そのため、まとめて募集案件を持っているサイトなどに登録しておくとよいでしょう。

 

下半身太り
下半身太りに悩んでいる方へ