産業保健師を目指すには

産業保健師を目指すには

産業保健師は、民間の企業に勤める保健師のことをいいます。

 

大手企業では健康保険組合がありますので、健康保険組合には必ず保健師がいます。また、企業内の保健センターや医務室などにも保健師は必要です。

 

企業の健康保険組合や保健センターなどでは、さまざまな勤務形態で働く保健師がいます。

 

産業保健師は、産業保健分野のコーディネーター的な役割を担っており、医師や衛生管理者とともに、その企業で働く社員の健康管理を行います。

 

産業保健師の配置状況は、1000人以上の事業所では90%に近いというかなり高い配置状況が見られます。しかし、300人以下の企業になると、配置状況はかなり落ちてしまいます。

 

このような点から、産業保健師を目指したいという人は、大手の健康保険組合があるような企業を探すとよいことがわかります。

 

企業に入っての仕事の状況としては、企業の規模によって健康管理に対しての環境が違っていることは十分に考えられます。企業情報を調べることも、産業保健師を目指す人には必要なことでしょう。

 

ただし、保健師の配置状況を見ると、企業規模によってそこで働く従業員の健康管理に対しての環境が違っていることは明らかです。産業保健師は、行政保健師と比較しても、必要とされている保健師といえます。

 

新谷乳酸菌ラクトバチルス
新谷乳酸菌ラクトバチルス