保健師は経験を積むことが重要

保健師は経験を積むことが重要

保健師を目指して勉強して保健師の資格を取っても、すぐに保健師として働けるわけではありません。

 

保健師の仕事は多岐に渡っていて、働く場所によっても仕事内容は異なっています。初めは先輩の保健師について、実務を身に付けていくことになります。

 

そのため、保健師の求人は、経験を求められるものが多くなっています。

 

今では、各自治体や企業などでも大量に新人保健師を採用するようなことはありません。ですから、どうしても実務経験が豊富な人が有利になってしまいます。

 

これから新人の保健師として働く人は、まず経験を積むことが必要です。

 

初めから正職員、正社員を探す人もいますが、もし採用を逃してしまったら、経験を積むことを優先して、非常勤や派遣、アルバイトなどの働き方も含めて探してみましょう。

 

派遣の働き方なら、企業などの募集もかなりあります。正社員の給与よりは下がりますが、派遣会社の社員として雇用されますので、社会保険や雇用保険、労災保険などは完備されています。派遣会社によっては、福利厚生や研修制度、住宅補助制度なども用意されていることがありますので、働き方として十分に考えられるものです。

 

派遣で働きながら、先輩保健師のアシスタントとして保健師の実務を身に付けることで、次のステップにつながるでしょう。

 

ペニス増大効果 シトルリン
ペニスにシトルリンは効果的か?