2種類の行政保健師

2種類の行政保健師

行政保健師は行政機関で働く保健師ですが、2つの種類に分かれています。1つは都道府県が設置した保健所で働く保健師、もう1つは地方自治体の保健センターで働く保健師の2種類があります。

 

都道府県の保健師は、その対象が都道府県民で、広域的で専門的な業務を行います。

 

広域的な範囲となりますので、地域の保健師へ研修を行うこともあります。

 

また、地域住民がいかに安心して暮らせるかという点で、疫学や統計などを勉強したり、医療システムの整備なども業務として行っています。

 

他には、障害者や難病患者への保健サービスや、新型の病原体に対しての危機管理などもあります。

 

そして、地域自治体の保健師と医療機関の連携を促す役割も担っています。

 

一方、市町村が設置した保健センターで働く保健師は、その対象が市町村民となり、地域住民に密着した仕事になりますので、その地域ごとの必要な仕事を柔軟に行っています。

 

お年寄や新生児のいる家を訪問したり、保健所で健康相談や健診を行ったりします。

 

また、児童虐待などの相談に乗ったり、母親とのコミュニケーションを取る場を設けたりします。

 

現代は核家族化や女性の社会進出などのため、子育てや介護、心の健康など、問題は多岐に渡っていますので、住民のことをよく把握して、どのように問題を解決していくか、保健師には力量が求められています。

 

乾燥肌向け保湿クリーム
乾燥肌向け保湿クリームの選び方